<< ゲットー酒場 | main | LBT presents「Drinkers High! 11」 >>
30 Minutes or Less
映画「ピザボーイ 史上最凶のご注文」を観た。原題は「30 Minutes or Less」。毎度ながら思うんですけど、この手の副題つける邦題のだささって何なんすか。最凶って……。そういやドミューンで宣伝やってたのみたけど、そんときもなんか苦手なノリだった。イケイケというか。ブライアン!バーーーーーーートッッッッッン!!ルイススススス!!!!!!みたいな感じで。

とまあ、文句ばっか言ってすいません。それはさておき、映画はとてもおもろかった。ピザ屋のバイトが、ピザ届けにいった先で体に爆弾付けられて脅されて銀行強盗するはめになる、という内容。実際に同じような事件があったらしい。アメリカ怖ええ。

会話の随所に映画引用ネタがあったりと、こう、ビデオ屋の店員が自主映画でいい作品撮るみたいなノリがよかったです。プロットもいい加減な会話のやり取りとか。「ヨオ、デュードゥ!!」みたいな。楽しい。田舎町の主人公がアトランタをギャングとラッパーだらけの怖い街ってディスってたりとか、キャッキャしてる感じが何とも。

個人的にはドウェインとトラヴィスというふたり組がとても気に入った。日本で言うところのDQNの先輩後輩コンビというか、ただ見た目は完全にいかにもな熊さんカップルなんですけど。

宝くじあたって超リッチになった元軍人きちがい親父の庇護の元、ろくに働こうともしないドウェイン。舎弟トラヴィスと昼から「13日の金曜日 PART3D」を自宅の大スクリーンで観ながら、「俺はこんな奴怖くねえ。ケツ犯してやるぜ」ってスクリーンの前でふたりで腰を降る(3Dのいい使い方!)という、お前らほんとどうしようもねえなというふたり組なんだけど、まあいろいろすったもんだがあって実は[男同士のアツい友情]みたいなオチがすげえぐっときました。あと、トラヴィス役のニック・スウォードンがつぶらなビーバーみたいな顔してて、ほんとに愛らしい。オエー。

観終わった後、ネットでいろいろ調べてたんですけど、破壊屋さんの文章がおもしろかった。メタリカTシャツの考察とか。破壊屋さんはメタリカTシャツ映画評論家として頑張ってほしい。



あとお知らせです。明日土曜日DJします。パーティーでちゃんと曲繋げてやってみようという意味では人生初DJ。まあうまくできないと思うけど、楽しみにしてます。

| - | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nakayoshigroup.com/trackback/901998
トラックバック