<< ゲットー酒場を後にして | main | LBTの海の家 >>
家帝
方南町の周りは栄えてそうで、目を引く飯屋がない。近くに引っ越して、たまにドンキの帰りなどにふらっと腹を空かして辺りを散策するのだけど、いつもこれといった店がみつからないまま、結局食事は取らずに帰るといった具合だった。

近く海へ行くのでビーサンを買いにドンキに行って、その帰り、やっといい店を見つけた。家帝と書いてイエティ。看板にはカレー、定食、酒処とある。表のメニューにはナン付きインドカレーにメンチカツカレー、サバ味噌定食とただならぬカオスの予感。日本人がやってんのかな、と店内に入るとハイテンションなネパール人が迎えてくれた。

日本風の白米ライスカレーにするか、思い切って生姜焼き定食にするか、迷ってカレーを頼んだ。辛さを尋ねられたので「辛いの」と答えたら、「ベリーホットね!!」と嬉しそうに帰っていくネパール人。生ビールをのんでしばし待つ。

やってきたのはルーがインド風のチキンバターだった。なんかへんてこ。しかしこれが滅相うまかった。ああ、白米いい。白い米とスパイスの一見どっちらけな組み合わせが妙味。辛さでハアハアしながら食べてたら店員が「大丈夫?ベリーホット!」と言ってくる。おちゃめな奴め。

食後に紅茶を薦められたがそれは断り会計を。レジの中には釣り銭がびっしり入っていて、レジが閉まらないと店員が苦笑いしてた。「オツリ、イレスギダヨー」って。ははは。

| - | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nakayoshigroup.com/trackback/901994
トラックバック