<< axon | main | cochon ville >>
6分刈り
ブロードウェイの地下1階にある1000円カットの床屋に行って散髪してきた。昼下がりの1000円床屋は結構混んでいて、客は主に年配のおじいちゃんが多かった。待ってる間、隣には付き添いでやって来たおばあちゃんがいたのだけど、散髪が終わって店員さんに「これでいいですか」と聞かれ照れているおじいちゃんを見て、おばあちゃんもにっこりしていたのがなんだかよかった。穏やかだ。

まあそんな様子をぼんやり眺めながら、10分ほど待って俺の番がきた。店員のお兄さんに坊主にしてくださいと言ったら、何ミリにしますかと訊ねられ、最初は9ミリでと答えたのだけど「それじゃあんま刈った感ないすよ。けど3ミリとかだと青くなるし。5分刈りというか6分くらいがちょうどいいですよ」と教えられ、そうしてもらった。

髪を切ってすかっとした。そのままブロードウェイをふらふらしたり天気がよかったので近くをチャリでぐるぐる回って、日が沈んでからある宴席に出掛けたのだが、そこであるおじさんに「三代目魚武濱田成夫みたい。ほらあの詩人の」と言われた。
| - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nakayoshigroup.com/trackback/901984
トラックバック