<< Kervin Brisseaux | main | Hieronymus Bosch >>
ハンタとワイルドチェリーナイツ
月曜日が待ち遠しい。なぜなら漫画雑誌が3つ出るから。ジャンプ、スピリッツ、ヤンマガ。特に最近ハンタ。ハンタおもしろすぎる。溢れる感情の洪水をためてためてすってはいて1コマドーンとかダム決壊、もうたまらん。アルカにキュンとして苦しくなった。キルアになりたい。てかアルカってほんまは男なん、どっちなん。誰か本気で教えてください。こないだアント編完全にフィナーレを迎えたんですが、ラスト、セリフなしのエピローグとか定石かもしらんが、いい。すごくいい。次から新章突入ですよ。どひゃあ。

富樫先生が作るロープレ出たら1週回ってそれはもうすごそう。ハンタもGI編とかまんまゲームだけど、役割やキャラ、道具や念のアイデアとか、整理&ワクワクしてて、つーかハンタのゲーム化希望っしょ。ぜひおねがいします。

ちなみにアニメのハンタも観ていたのですが、ゴンのハンター試験終了のときのイルミへの怒りみたいなのをナレーションがドヤドヤベラベラしゃべってててなんか引いた。いまはもう観てないっす。あれはいかん。

あと、ハンタと二大巨頭で月曜の楽しみといえばヤンマガ連載、小田原ドラゴン先生作ワイルドチェリーナイツ。チェリーナイツがワイルドとなって、急に遥かな宇宙へと飛び出したのにはそらもうおしっこもらしそうになったけど、今週ではなんと999みたいになってさらにおしっこもらしそうになった。あらゆる哀愁が漂ってる。色のないおしっこみたいな……。この先この漫画どうなるんやろうと思った。平成の鉄郎は江藤先輩てことか。しかしメーテルがいない。あるのは女のきつい言葉ばかり。

| - | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nakayoshigroup.com/trackback/901980
トラックバック